" 自動車税の還付に注意

納入済みの自動車税が月割で返還される

愛車の査定

自動車税は、その年の4月1日時点での所有者に対して、1年分(4月から翌年3月分)が一括して請求され、オーナーは1年分を前払いの形で納税します。

ところで、年度途中に名義変更したり廃車処分にすると、この自動車税が月割りで払い戻されることをご存知でしょうか?

これを自動車税の還付と言います。

買取額はA社の方がB社より1万円高いが、
自動車税の還付を含めるとB社の方が受取総額が多くなる。

これは車を売却する時にこの自動車税の還付が念頭にないと起こり得る注意点です。

●1年分を前払いする自動車税

自動車税の納税は5月頃に一括して前払いすることになっています。

車を売る場合は年度途中の「名義変更」となり、過払い状態になっている自動車税が月割り計算で返金(還付)されます。

ですから車を売却した場合、名義変更の翌月分からの自動車税の余剰分が買取専門店から還付されるのが本来の姿です。

排気量によって異なりますが、時期によっては還付される金額は数万円にもなります。
(2500ccクラスだと半年分で約3万円もの金額になります。)


●還付を行わない買取店に注意

ところが、車買取業者の中には「車両代金に含まれている」「自動車税還付コミの買取額」などという形でこの還付が行わない業者もあるので注意が必要です。

自動車税はあくまで税金であり車両代金に含めるべき筋合いのものではないのですが、現実にこのような買取店があるのも事実であり注意しなければなりません。

電話連絡や出張査定の時などにこの自動車税の還付について必ず確認しておきましょう。

■還付も含めた受け取り金額で比べる

「自動車税還付込みの買取額」を提示する業者が混じった場合は、還付も含めた受け取り金額でどこが一番高額になるのかをチェックする必要があります。

なお、軽自動車の場合は月割計算のしくみになっていないので、年度途中の自動車税の返還はありません。


こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


●乗用車の自動車税

乗用車に課税される自動車税(都道府県税)は、総排気量が増えるほど税額が高く設定されています。

そのその税率区分は、排気量が1.0リッター超から0.5リッター刻みで6.0リッターまで税額が設定されています。

自家用の場合は事業用に比べて極めて高額な税額が設定されているのが自動車税の特徴です。

・自動車税額(乗用車) ※単位は円

排気量           自家用    事業用

1.0リッター以下       29,500   7,500

1.0超~1.5リッター以下   34,500   8,500

1.5超~2.0リッター以下   39,500   9,500

2.0超~2.5リッター以下   45,000   13,800

2.5超~3.0リッター以下   51,000   15,700

3.0超~3.5リッター以下   58,000   17,900

3.5超~4.0リッター以下   66,500   20,500

4.0超~4.5リッター以下   76,500   23,600

4.5超~6.0リッター以下   88,000   27,200

6.0リッター超       111,000   40,700


軽自動車の任意保険を安い所(通販型)に切り替えれば保険料の大幅節約になります。
保険料が安いからといって事故対応が劣るということもありませんよ。


このページの先頭へ